ノーリツ『家族の真ん中に』篇 『湯気ひとすじ』篇